中々減らない!ぽっこりお腹を改善するためには?

中々減らない!? ぽっこりお腹を改善するためには!!

お腹がぽっこりしていることに悩んでいる人もおられるでしょう。

お腹がぽっこりしてしまうと、服のサイズが合わなくなったり、見た目が悪くなったりするので「何とか改善したい」と考えるでしょう。

ただ、ぽっこりお腹はなかなか改善できる場所ではないので、半分諦めてしまう人もいるでしょう。

しかし、ぽっこりお腹も自分の行動によって改善することが可能です。どのように行うことができるのか内容を紹介しましょう。

ぽっこりお腹になってしまう原因とは?

ぽっこりお腹になってしまうことは原因があります。

その原因をしっかり確認しておかないと、改善したとしても、またリバウンドしてしまうこともあるでしょう。

ぽっこりお腹の原因について紹介しましょう。

便秘気味

便秘気味な人はお腹の中に便が溜まってしまい、ぽっこりとお腹になってしまうことがあります。

便秘は水分不足や大腸の運動低下によってスムーズに便が移動でき無いことが原因です。

大腸の運動不足は自律神経にバランスが崩れてしまうなど、神経系の影響によって便秘になることがあります。

お腹がぽっこりの人は便秘気味では無いか確認してみましょう。

皮下脂肪や内臓脂肪が付いている

皮下脂肪や内臓脂肪が付いている方は、ぽっこりお腹になってしまう可能性があります。

皮下脂肪は主に女性が付きやすくお腹を触ったときにつかめる脂肪であり、内臓脂肪と比較すると落とすのが難しいです。

内臓脂肪は主に男性が付きやすく、外見からは分かりにくいですが、食事改善することで比較的落とすことが可能です。

皮下脂肪と内臓脂肪は、どちらも運動不足やお酒の飲み過ぎなどで付くことが考えられます。

骨盤の歪み

骨盤の歪みによってぽっこりお腹になってしまうことがあります。

骨盤が歪むと内臓が下におりてくるため、お腹がぽっこりとなった見た目にしまうからです。

骨盤の歪みは足を組む癖がある人やデスクワークなどで長時間座っている人の場合は骨盤が歪む可能性が高いです。

もし、骨盤の歪みを感じたなら自分で矯正するのは難しいです。

誤った方法を行うと体を痛めてしまう可能性があるため、骨盤の歪みがあるなら整骨院などに通うのがおすすめです。

ぽっこりお腹を改善するための方法とは?

ぽっこりお腹の人であれば「何とか改善したい」と考えている人もいるでしょう。

ぽっこりお腹は改善することが可能です。

ただ、自分のぽっこりお腹の原因に合わせて改善する必要があります。

どのように改善することができるのか内容を紹介しましょう。

筋トレを行う

ぽっこりお腹を改善するためには筋トレを行うことがオススメです。

脂肪は満遍なく落ちていきますが、腹筋を鍛えて内臓を支える力を取り戻すことです。

腹筋も今ではいろいろな方法がありますが、例えば、腹直筋を鍛えるようにしてみることができます。

腹直筋は体を折りたたむ動きにより鍛えることが可能です。

さらに、腹斜筋も鍛えるために腹筋する際に体を捻ってみること、またお腹に力を込めるようにすることで腹横筋を鍛えることができます。

腹筋のそれぞれの部位を鍛えることができれば、お腹を引き締めることができ、ぽっこりお腹を凹ませることも期待できます。

ただ、腹筋を行うときは正しい姿勢を保つことが大事なので、姿勢が悪くなっていないか確認する必要もあるでしょう。

まずは腹筋から行うようにしてみましょう。

食事を見直してみる

ぽっこりお腹を改善するためには食事を見直してみることもできます。

食事内容によってはお腹に脂肪が溜まりやすくなり、ぽっこりお腹の原因となってしまからです。

特に肉や添加物、油物を頻繁に食しているのであれば、脂肪が付きやすいので運動してもぽっこりお腹になってしまうことがあります。

もし、食事内容が偏っているようなら見直して野菜や豆類、魚類を食べるようにしてみましょう。

カロリーの少ないものを食べるようにするなら体に脂肪が付きにくくなるでしょう。

また、ダイエットをしている方であれば極端に食事の量を減らしたり、食事が偏ってしまい、体の調子が悪くなってしまうこともあります。

肉や油物を完全に断絶するのではなく、バランス良く食事をとることが大事になるので、偏った食事にならないように注意してぽっこりお腹の改善を行いましょう。

ストレッチや背筋をして鍛えてみる

ぽっこりお腹の解消には腹筋以外に背筋を鍛えることも意識すべきです。

ぽっこりお腹は姿勢によって生じることもあり、もし姿勢が悪くなっているようなら背筋をや肩甲骨、僧帽筋を鍛えることで改善される可能性もあります。

背筋を鍛える際はうつ伏せに寝転がり背中の脊柱起立筋から上半身を持ち上げるようにして鍛えてみることができます。

背筋は多くの回数は必要なく十数回ほど行う程度で大丈夫です。

また、僧帽筋は首の付け根から肩にかけて広がる筋肉です。

ここの筋肉も衰えてくると肩甲骨が開きやすくなり猫背になってしまう原因となります。

猫背になるなら筋肉が固まってしまい、ぽっこりお腹の原因となることもあります。

僧帽筋はストレッチで筋肉をほぐすことで姿勢の改善が可能です。

肩甲骨を閉じる動きをするだけでかなり変わってくるため、毎日少しの時間で良いので行ってみましょう。

ストレッチと背筋を意識して鍛えるならぽっこりお腹を解消できるかもしれません。

パーソナルトレーナーによるレッスンを受けてみる

自分で筋トレやストレッチをして体を絞ることができますが、上手くいかないようであればパーソナルトレーニングを考えてみることもできるでしょう。

パーソナルトレーニングは専門家のトレーナーがぽっこりお腹の原因を突き止めて対処法を提案してくれます。

パーソナルトレーニングは効果的な筋トレ方法を指導してくれるので、自分で計画して筋トレをするよりも効果を得られる可能性が高いです。

また、筋トレ以外にも体の構造や食事の取り方についてもアドバイスしてくれるので、パーソナルトレーニングを受けるなら同じ筋トレでもぽっこりお腹の解消に違いが出るでしょう。

ただ、パーソナルトレーニングは費用がかかるので、出費に問題ないのか確認する必要があります。

本気で効率よく改善したいなら考えてみましょう。

ぽっこりお腹を改善するまでの期間とは?

ぽっこりお腹を改善するためには、期間を把握しておく必要があります。

ぽっこりお腹はトレーニングや食事での改善を行っても直ぐに変化することが難しいです。

大体継続して行ったとしても2〜3ヶ月は期間がかかるので、短期間で効果を期待することはできません。

多くの人は期間が長いため途中で挫折してしまい、ぽっこりお腹が改善されないこともあります。

途中でやめてしまうとぽっこりお腹が改善されないだけでなく、体重が増えてしまってお腹がさらにぽっこりしてしまうことも考えられます。

そのため、わずかでも変化があったなら、それに気付いてモチベーションを保てるようにすべきです。

1〜2ヶ月も続ければわずかでも体に変化が起こります。ぜひ継続していくことを念頭におきましょう。

ぽっこりお腹を解消しよう

ぽっこりお腹の改善方法について紹介してきました。

ぽっこりお腹は原因があるので、まずはそれを突き止めるようにしましょう。

その後に筋トレやストレッチ、食事改善を行うことで徐々に改善できることが期待できます。

ぽっこりお腹による見た目を改善するため、ぜひ努力するようにしてください。

中々減らない!ぽっこりお腹を改善するためには?
最新情報をチェックしよう!