体に良いもの悪いもの

体を労わって健康体に。食べ物について(体にいいもの、悪いもの)

人間誰しも、できるだけ美味しいものを食べたいですよね。

食欲というのは、人間の欲求の一つなので、「あれが食べたい。」とか「これが食べたい」と思うのは自然な流れです。

残念ながら、美味しく感じるものほど、実は体に悪い食べ物が多いのが現実です。

では、体にとって、いい食べ物と悪い食べ物とは、どんなものがあるのかについて、今回は紹介します。

関連記事

私達の生活は、見えない毒素に多く取り囲まれており、その毒素は食べ物や空気、さらにはお気に入りの洋服などを通して私達の体の中へ入ってきています。 一変、「自分には関係ない!」「私は大丈夫!」と思われるかと思いますが、食べ物の中には有害な[…]

健康になるために

体にいい食べ物

大豆製品

まず挙げられるのが、畑の肉と呼ばれる、大豆製品になります。

大豆は、タンパク質が多く含まれており、体を作るのための必要な栄養素の一つです。

わかりやすくいえば、大豆は植物性タンパク食品となります。

その大豆を加工した製品といえば、例をとると、豆腐になります。

豆腐は、体調不良でお腹の調子が悪い方にもオススメでき、値段も安価、スーパーなどに行くと、その種類の多さに驚くでしょう。

ですが、この豆腐は、味がほとんどありません。

味がないということは、美味しく感じられないことが多いということです。

人間は、できるだけ美味しいものを食べたいという欲求がありますので、小さい頃から味のついた食品ばかり食べていると、その味に慣れてしまい、豆腐のような味がない食べ物を食べると、おいしさを感じないのです。

なので、基本的には、豆腐に醤油やねぎなどの薬味、かつお節、しょうが、ポン酢などで味をつけてから食べるのです。

これらの味付けをするだけで、体にいい食べ物である豆腐がグッと美味しくなります。

次に挙げられる大豆製品は、納豆です。

納豆は、納豆菌を大豆に混ぜて発酵させた発酵食品であり、体に大変いい食べ物の一つです。

粒の大きさも大粒のものから小粒のものまであり、ひきわり納豆と呼ばれる、大豆を小さくカットした納豆もあります。

また、豆腐と同様、調味料を何も入れないで食べると、味を感じないことが多いので、醤油や納豆のタレ、からしを入れて混ぜて食べるのが一般的です。

このように、大豆製品は、体に大変いい食べ物の一つであり、大豆製品を作っている加工会社も、調味料に工夫を加えており、おいしく感じられるようにしていますので、毎日の食生活に、是非取り入れたい食べ物の一つです。

野菜

もう一つ、体にいい食べ物がありますが、それは野菜です。

現代では、一日に野菜350g食べるのが目標と言われており、いかに野菜が、毎日の食生活に必要不可欠になっているのかがわかりますよね。

野菜はさきほど紹介した大豆製品と同様、なにもつけずに食べると、苦い、辛いなどといった、おいしさをあまり感じられない食べ物の一つです。

なので、一般的には、ドレッシングをつけたり、他の食品と一緒に焼いたり、煮込んだり、炒めたりして、味の工夫をして野菜を食べます。

体にいい食べ物である野菜ですが、350gを毎日食べるとなると、かなりの量になり、この摂取量をとれない方が多いのが現状です。

なので、野菜を調理しておいしくするといった工夫をすることにより、一層おいしく感じられますので、たくさんの野菜を食べることを念頭におきましょう。

また、野菜の中でも、トマトは最も体にいい食べ物の一つです。

赤い色素である、リコピンという成分が、抗酸化作用や発がん抑止作用などの効果が期待できるためで、現在は様々なトマトの種類があり、高価なトマトまで市場に出回っています。

トマトは実は加熱すると、美味しい食べ物になりますので、パスタでは、トマトソースベースの料理が大変人気がありますよね。

Yukkey
このようにして、様々な加工方法や味付けを工夫することにより、味が感じられない食べ物がおいしい食べ物へと変化するのです。

体に悪い食べ物

脂っこい食べ物

私たち、人間は、体に悪い食べ物ほど、おいしいと感じ、つい食べ過ぎてしまいます。

その体に悪い食べ物の代表格なのが、脂っこい食べ物です。

具体的にどんな食べ物なのかというと、肉の脂身が挙げられます。

もっと具体的には、豚バラ肉、鶏のボンジリ、牛のバラ肉などがあります。

これらの食べ物は、脂質を非常に多く含み、食べるとコクのある旨みが口の中で広がり、美味しく感じられます。

他の部位である、ヒレやももは赤身肉が多いのですが、脂質を多く含んだ肉は、おいしいと感じることが多いものです。

しかし、脂っこい食べ物は、体にとって様々なデメリットを生み出します。

例えば、コレステロールが高くなることによって、血管内にコレステロールが溜まりやすくなり、これを放置すると、血管が詰まってしまい、脳梗塞などの病気を引き起こしてしまいます。

こうなってしまうと、「あのとき、脂身の多い食べ物を摂らなければよかった。」と後悔しても、もう遅いのです。

Yukkey
もちろん、私たちには、脂質は体の栄養素としては欠かせないものなのですが、摂取量を考えて、限度を考慮した食事の仕方をすることを心掛けるべきです。

塩辛い食べ物

塩辛い食べ物、例えば、塩辛やラーメン、漬物などは、塩分を多く含んでいます。

また、ファーストフードやハム、ベーコンなどの食べ物も、塩分が多いです。

これらの食べ物は、塩辛い食べ物として非常に美味しく感じられます。

そして、最近の外食傾向としても、塩分が多いラーメンなどが流行っていますし、日本人のほとんどは、ラーメンが好きだというデータもあります。

ラーメン自体は、麺にスープが半分ほど吸収されているため、麺だけ食べるならいいのですが、スープまで飲み干してしまうと、塩分を大量に摂取してしまいます。

なぜ塩分が体に悪いかといいますと、塩分を多く摂りすぎると、高血圧になりやすいからです。

血圧が高いと、体内の血管にダメージを与え、血管自体がもろくなり、加齢につれて血管が破れやすくなります。

そして、最悪の場合、くも膜下出血などの病気にあり、半身不随になってしまうこともあるのです。

ですので、できるだけ普段から塩分を控えた食事を心掛けるべきであり、薄味に慣れてくると、ちょっとした塩加減でおいしく感じられるようになります。

逆に、塩辛い食べ物ばかり食べていると、体が慣れてきてしまい、もっと塩辛い食べ物が食べたくなってしまいますので、注意が必要です。

辛い食べ物

最近は、辛いものブームが加速しており、テレビなどでは、頻繁に辛い食べ物をひたすら食べるという番組まであるほどです。

辛い食べ物とは、香辛料、例えば唐辛子、ハバネロなどをたっぷり加えた食べ物のことです。

この辛い食べ物は、発汗作用があり、夏などの暑い季節に、あえてこのような辛い食べ物を食べる人も多いです。

また、カレーライスなど、子供に人気のある食べ物も、このような辛い食べ物の一つです。

一見すると、体に悪い食べ物ではないような気もしますが、辛い食べ物を頻繁に食べると、塩辛い食べ物と同様、もっと辛い食べ物が食べたい!と思うようになります。

そして、辛い食べ物は、中毒性があり、辛い食べ物を食べないと気持ちが落ち着かないというケースもあるほどです。
Yukkey
また、辛い食べ物は、腸に刺激を与え、下痢などの症状を引き起こすこともあるのです。

まとめ

体にいい食べ物と、悪い食べ物を紹介しました。

関連記事

皆さんの中には、一生懸命食事制限や運動をしても、なかなか考えているような体型にはならないと悩んでいる方も多いのではないのでしょうか? 皆さんが考えているような体型にならないのには理由があるようですよ。 […]

体づくり

悪い食べ物は、つい限度を超えて食べてしまいがちになっていることも多いです。

Yukkey

そして、体にいい食べ物をあまり食べずにいると、いざ病気になったときに、その病気が長引くケースも多いです。

ですので、普段からバランスのとれた食事を心掛け、限度を考えた食生活を送るようにしましょう。

体に良いもの悪いもの
最新情報をチェックしよう!