Line

女性にLINEするときにコツって何?気を付けることは?

今や、SNSの代表格として主流になっているLINE。

基本無料で利用でき、スタンプなどで簡単にコミュニケーションができることから、頻繁にLINEを利用している方は多いです。

しかし、このLINEは、大変便利ではあるのですが、女性にLINEをする際に、間違った使い方をしてしまうと、女性から嫌われてしまうというデメリットを持っています。

便利なものには裏があるというように、LINEもまた、便利であり、実は難しいSNSの一つなのです。

そこで今回は、女性にLINEをする時のコツと、やっていいことと悪いことについてご紹介します。

気になる女性とLINE交換できたとしても、そこからが始まり

友人の紹介や、出会い系アプリなどで女性と知り合い、お互い意気投合して、うまくLINE交換ができた場合、あなたは、「これで好きな女性とやっとLINEができる!」と思っていませんか?

ですが、実はこのLINEを交換してからが始まりなのです

LINEというものは、昔あったメールと違い、自分が送ったメッセージを相手が読むと、既読という機能がついています。

つまり、相手が読んだ場合は既読がつき、LINEがちゃんと届いているかどうかを確認することができるのです。

一見便利な機能である既読についてですが、実はこれには裏があります。

相手の女性によっては、既読したあとに、すぐにLINEを返す人もいますが、中には、既読したまま、時間を空けて返す女性や、既読がついたまま、何日も連絡をとらない女性がいるのです。

男性としては、「なぜ既読がついたのに、すぐに返信がないんだろう?」とか、「既読のまま、数日が経っているし、何かあったのだろうか?」と不安になる人もいます。

また、女性と初めてLINEをする際、LINEを返す頻度も考える必要があります

あまりにも返信をするスピードが速いと、女性によっては「この人暇なんだろうな。すぐに返信きても逆に疲れてしまうし・・・。」とマイナス印象を与えてしまいます。

ですので、よく自分で考えながらLINEをする必要があるのです。

LINEと通じて、駆け引きをする

では、どのようなテクニックが必要になるのでしょうか?

まずは、LINEを通して、恋の駆け引きをすることです。

恋の駆け引きとは、押したり、引いたりすることで、恋愛ではよく使われるテクニックですよね?

この駆け引きは、実はLINEでも使うと、非常に効果的なのです。

そのテクニックについてですが、相手の女性からLINEが来た場合、すぐに返信しないようにします。

その際の時間については、自分でうまく考える必要がありますが、相手の返信のスピードに対して、かなり遅めにLINEを返すようにすることがポイントになります。

すると女性は、「なぜあの人からLINEがすぐに来ないのだろう?心配だな。」とこちらに興味を持つようになるのです。

そして、ただ遅めにLINEを返すようにするのではなく、時には早めにLINEを返したりと、うまくLINEを使いこなすことがポイントになります。

逆にやってはいけないことは、相手がLINEをするスピードに合わせるということです。

具体的には、相手が3分ぐらいで返信した場合、自分も同じ時間に合わせるということ。

このような状態では、単に相手のペースに合わせているというだけであり、自分自身も楽しめないという状態になってしまうのです。

Yukkey
ですので、常にこちら側に主導権があるというつもりで、LINEをうまく活用する必要があるのです。

恋グルのルールは複雑

いざ恋グルに入ったとしても、自己紹介文の記入や、好きな女性のタイプ、アピールポイントなど、恋グルによっては、非常に細かい文章の記入を要求されることがあります。

ですが、せっかく恋グルに入るならば、時間をかけて記入するべきです。

私が以前やっていた恋グルは、自己紹介文と写真を複数枚要求されて、しっかりとした文章と顔の写真を撮りました。

その結果、複数の女性からアピールされましたので、まずはここをしっかりとしておくことが必要です。

そして、いざ恋グルに参加したとしても、ルールが非常に複雑であり、意中の女性と会話することは最初のうちは難しいです。

仮に、意中の女性と話がしたい場合は、管理人にツーショット部屋と呼ばれる部屋に入りたいと個別にトークする必要があります。

つまり、ツーショット部屋で意中の女性とトークするためには、管理者の許可が必要になってくるのです。

顔が見えないSNSの恋グルは、依存しやすい

お見合いパーティや友人の紹介などでは、相手の女性の顔が見えますよね。

実際に目で見て女性と話をするので、その女性の性格や表情などが見えて、安心することも多いです。

ですが、SNSでの恋グルは、顔が見えない、仮想空間での出会いになります。

よって、LINEのやり取りをしている時は、こちらが冗談半分でLINEを送ったとしても、相手の女性によっては、卑下されていると思ってしまい、女性を怒らせることも実は多いのが現状です。

そんな顔が見えない仮想空間での恋グルという出会いの場では、1対1という場面が少なく、場合によっては、意中の女性が、複数の男性とLINEをしていることも多く、男性によっては、嫉妬心を抱くことも多いです。

こうなってしまうと、「俺の意中の女性は、俺が寝ている時も、他の男とLINEしているかもしれない。」と感じてしまい、暇があれば、スマホで恋グルをやるようになります。

その結果、不眠症となり、SNS依存症になってしまうのです

このSNS依存症というのは、相手の女性が気になっている状態で、自分の目の届かない所で、もしかしたら違う男性に好意を持っているかもしれないという不安から来ます。

それに加え、相手の女性の顔が見えませんので、より一層不安感を抱き、「あの女性はどうしてるんだろう。」とか、「他の男に、あの女性をとられなくない。眠いけど、LINEしてみよう。」と、気になって仕方がなくなるのです。

実は私も、こういった経験があり、軽度のSNS依存症でした。

気になった女性と、とにかくLINEしたい、会話したいという気持ちが強くなり、その女性を独り占めしたいと思うようになって、暇があれば、恋グルをやっていたのです。

その相手の女性は、意外と淡泊であり、何人もの男性とLINEしたり、通話したりしていました。

そういう女性だからこそ、私はその女性が心配で仕方がなくなってしまい、SNS依存症になってしまったのだと思います。

メンヘラ女性や不倫目的の女性には注意すること

SNSの恋グルでは、現実の世界で心の癒しを求めている女性が多く存在しています。

中でも、メンヘラ女性と不倫目的の女性には十分注意することです。

メンヘラ女性とは、あることに依存してしまうという依存症と呼ばれる女性や、精神的なストレスを抱えている女性のことを指し、そういった女性と会話をすると、「この女性は普通の女性とは違うな?」と思うはずです。

私も経験があるのですが、性依存症と呼ばれる女性とSNSで知り合ったことがあり、その女性とSNS上で彼氏と彼女の関係になったのですが、その女性は私に、「通話で毎日、好きだよと言って」とLINEしてきました。

私はしばらくこういった関係を続けていましたが、長くは続きませんでした。

また、不倫目的の女性も注意が必要で、場合によっては夫にバレてしまい、高額な慰謝料を請求されることもあります。

Yukkey
ですので、恋グルといっても、現実世界で行き場を失った女性が多く存在しているということは、覚えておくべきです。

まとめ

SNSで知り合った女性が気になった際の体験談についてお話しました。

体験談だけではなく、注意すべきことも書きましたが、SNSで気になる女性を見つけた場合は、周りが見えなくなることが多いので、あえて注意することを表記しました。

好きになる女性のために、自分の時間を犠牲にすることはある程度は必要ですが、SNS依存症のように、相手がみえない女性とのやり取りは難しく、時には自分が気になって仕方がなくなり、不眠症などの症状が出る場合もあります。

Yukkey
ですので、もし自分でそういった依存症の症状が出た場合は、一歩下がって周りを見ておき、冷静に物事を判断するという姿勢が必要になってきますので、しっかりと頭に入れておきましょう。
Line
最新情報をチェックしよう!